« 富士見台 2014.2.9 | トップページ | 上高地~蝶ヶ岳 2014.3.21~23 »

御岳 2014.3.8

山行の様子→御岳
=コースタイム=
6:00瑞浪~8:44御岳2240P~10:00ゲレンデTPO10:05~11:45金剛童子12:15~12:55富士見石13:03~13:22金剛童子13:35~14:39ゲレンデTOP~15:10御岳2240P15:25~18:40瑞浪
 本来の計画では、一泊二日で鳳凰三山に出かける予定だったが、先月の大雪の影響で夜叉神峠までの道が閉鎖されたため、御岳に計画変更し出かける。
 今回のメンバーはTさん、Kくん、Kくんの友人Hくん、Oくんそして僕の5人。5時半出発予定がTさんの日にちの勘違いの結果で30分遅れとなる。
 休日の割にR19は車が多く、3時間弱かかってスキー場の駐車場につく。

 さっそく用意をし、ゴンドラ乗り場に行くも、強風のためゴンドラは動いていないというアナウンスが入る。さして風も吹いていないので、動き出すのを待つことにする。
P3084191 1時間ほどしてようやく動きだし、さっそく乗り込んでゲレンデトップへ。ここですでに10時をまわっていた。ゲレンデを少し下り田ノ原に出ると一面の雪原だ。残念ながらガスっており、御岳の山頂部は見えない。時間P3084213を気にしながらトレースに沿って雪原を登っていく。大黒天の鳥居は上が出ているだけの状態になっている。
 さらに登っていくと、大江権現も祠が雪に埋まってP3084240見えない。かろうじて鳥居が3分の1ほど出ている。ここから急登になり、森林限界をぬけると風が強うなり、やがて金剛童子につく。
 ここで大休止後、アイゼンを履き、13時をタイムP3084260リミットとして上に向かう。時折稜線方面に青空が見えるが相変わらず風が強い。8合目と9合目の中間付近にある富士見石でタイムアップとなり下山を開始する。
 

 シリセードをしP3084274ながらあっという間に金剛童子まで下る。さらにグングン下ると、ガスが晴れてきて八ヶ岳や中央アルプスの山々が見えてきた。
 振り返ると御岳も白い山体を現し、山頂部もくっきり見えてきた。大黒P3084296天辺りで記念撮影をした後、ゲレンデトップまで登り返す。ゴンドラを使って駐車場まで戻り、車に荷物を積み込み瑞浪に向かう。
 途中、寝覚ホテルの温泉で体を温め、18時半すぎに瑞浪につく。山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 御岳」で見てください。

|

« 富士見台 2014.2.9 | トップページ | 上高地~蝶ヶ岳 2014.3.21~23 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/59263209

この記事へのトラックバック一覧です: 御岳 2014.3.8:

« 富士見台 2014.2.9 | トップページ | 上高地~蝶ヶ岳 2014.3.21~23 »