« 2014夏山合宿Ⅰ 白山~別山縦走 2014.8.2~3 | トップページ | 県連山祭り 屏風山 2014.10.19 »

富士見台 2014.10.11

山行の様子→富士見台
=コースタイム=
7:40陶~9:08萬岳荘9:15~10:25富士見台11:07~12:00萬岳荘12:10~14:23陶
 長女が生まれたこともあり、8月の白山山行を最後に2ケ月あまり山に出かけない日々を過ごしていたが、10月の三連休の頭に2歳息子と二人で富士見台に出かけることにした。
 今回は、息子の自力での初登頂を目標に、おやつとおにぎりを持って朝早く妻の実家を出発する。
 2週間前に噴火した御岳も雲が無ければ望めるはずで、そのことも期待して車を走らす。茄子川のあたりから北に噴煙をあげる御岳を見ながら中津川をすぎ、落合中学校手前の交差点を右折し、落合川に沿ってどんどん走る。
 クアPa117533リゾート湯舟沢をすぎ、しばらく行き、右手に橋を渡り霧ヶ原への上りにかかりどんどん標高を上げる。強清水の手前のヒノキ林を大規模に伐採しているようで丸裸になった山肌が広がっていた。やがて強清水を過ぎると多少色づいた葉っぱが見えてくる。
 何人か林道を歩いている人をぬかして千年檜の駐車場をすぎ、鳥越峠への登山口に止まっている車を左に見て路上駐車が横行する神坂峠につく。

Pa117543 ここから長野県に入り、萬岳荘まで林道を走り、山荘手前の駐車場に車を止める。
 登山靴に履き替え、息子を車から降ろし、ザックを背負って出発。まずは山荘横の階段登りからスタートする。
Pa117562 意外にテンポ良く階段を登り、岩ゴロの道をスタスタ登っていく。木でできた階段もヒョイヒョイ越えて楽しそうだ。
 取ってやった笹の葉を「掃除機~」と言いながら小石につまずきながら登っていく。「ヤッホー」と時折叫びなPa117575がらゆっくりゆっくり登っていく。
 稜線に出たところで一休みし、クッピーラムネと麦茶でエネルギーを補給する。神坂小屋を過ぎたところでさらに休憩。最後の急登を前にエネルギーを補給Pa117574する。小さな足で少しずつ高度を稼ぎ、稜線に出ると、北に噴煙を上げる御岳がはっきり見える。
 ゴールを目前に、笹原に時折突っ込みながら歩を進める。最後の岩を越え、11時25分に自分の足で富士見台山頂に2歳11ヶ月で初登頂!小さな足でよく頑張りました。
Pa117578 さっそく記念写真を撮り、念願のお弁当タイム。赤飯おにぎりを頬張り満面の笑顔。御岳、乗鞍岳を見ながら二人でのんびりご飯を食べる。
 北東には中央アルプスがくっきり見え、空木岳が一際大きく見える。東には南アルプスが甲斐駒ヶ岳から聖岳まで逆光に浮かんでいる。
 360度のパノラマでやはり一番気になるのは噴煙の上がる御岳だ。ちょうど噴火口がこちらに向いているので噴煙の様子がよく分かった。

Imgp7838 40分ほど山頂で過ごし、11時すぎに下山を開始。息子に合わせてゆっくり下り、1時間弱で萬岳荘まで戻ってくる。満足気な息子を車に乗せ、クアリゾートへ向かう。
 車を走らせてしばらくすると、疲れから眠りに落ちる。30分ほどで温泉につき、寝ぼけ眼で温泉に入る。はしゃぎながら温泉もエンジョイし予定より少し前に陶に帰る。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 富士見台」で見てください。

|

« 2014夏山合宿Ⅰ 白山~別山縦走 2014.8.2~3 | トップページ | 県連山祭り 屏風山 2014.10.19 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/60477276

この記事へのトラックバック一覧です: 富士見台 2014.10.11:

« 2014夏山合宿Ⅰ 白山~別山縦走 2014.8.2~3 | トップページ | 県連山祭り 屏風山 2014.10.19 »