« 涸沢~奥穂高岳 2016.10.9~10 | トップページ | 曽良山 2016.12.3 »

弥勒山 2016.11.20

Pb200217=コースタイム=
9:50瑞浪~10:38少年の家P10:46~12:47弥勒山13:30~14:23少年の家P14:33~17:51瑞浪
 久しぶりに家族で登山に行く。今回は2歳になった娘の背負子に揺られての初登山となる。
 ゆっくり朝食をとり、10時前に家を出発。途中、コンビニでお茶を買って19号を南下する。内津峠のトンネルをぬけ、最初の信号を左折し旧道に入る。少し行き、左折して、都市緑化植物園への細い道に入る。

 ほどなく、少年の家の駐車場につくが、すでに満車状態。しかたなく、駐車場外の空き地に車を止め、出発準備をする。5歳になったばかりの息子は頑張って歩くということで、娘を背負い、出発する。
Pb200197 道路を渡り、すぐに大谷山・弥勒山登山口があり、いったん下って小さな橋を渡り、登りが始まる。階段を登り、しばらくいくと傾斜は緩くなり、時々急な場所があらわれるが、子供連れには程よい登山道だ。
 ゆっくり歩いて30分ほどで展望台につき、すぐ先の大岩休憩所で一休すPb200200る。ここで子供たちはおやつタイムとなり、十分エネルギーを補給する。
 休憩後、緩い登りの登山道をゆっくり進み、最後に急登を登り切ると、12時すぎに稜線に出る。ここは、右に50mで大谷山という地点で、朽ちかPb200204けた木製ベンチがある。ここで、2回目のおやつタイム。途中一緒になった親子連れと一緒にお菓子を食べる。
 親子連れは、大谷山に向かったが、我々は大谷山には行かず、左折して弥勒山に向かう。二回ほどアップダウンを繰り返すと、表道との分岐につく。 ここから山頂までは100mだが、急な階段が続Pb200232いている。息子はかなり足にきているが、最後の力を振り絞って山頂を目指す。娘は、背負子に乗って余裕の鼻歌だ。
 出発から2時間で、437mの弥勒山山頂に着く。山頂は幼稚園の遠足の団体で満員状態。小さなベンチのそばに敷物を引いて少し遅いランチタイム。息子も娘もおにぎりをパクパク食べる。
Pb200239 晴れていれば御岳がきれいに見える時期だが、残念ながらは北方は雲が多く、笠置山までしか見えない。南側は名古屋のビル群が霞んで見える。
 ゆっくり休憩して、下山開始。帰りは表道へ下り、林道を歩いて1時間足らずで駐車場に戻る。
 その後、高蔵寺のアピタで買い物をして、多治見の天の湯で汗を流し、18時前に帰宅する。

|

« 涸沢~奥穂高岳 2016.10.9~10 | トップページ | 曽良山 2016.12.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/64529847

この記事へのトラックバック一覧です: 弥勒山 2016.11.20:

« 涸沢~奥穂高岳 2016.10.9~10 | トップページ | 曽良山 2016.12.3 »