« 曽良山 2016.12.3 | トップページ | 2017冬山合宿 本沢温泉~箕冠山 2017.1.3~4 »

大日ヶ岳雪上訓練 2016.12.18

山行の様子→大日ヶ岳雪上訓練
=コースタイム=
7:30多治見~9:01高鷲スノーパークP9:30~10:46大日ヶ岳12:33~13:28ゲレンデTOP~13:45高鷲スノーパークP14:05~16:25多治見
 今年も暖冬傾向のため、各地のスキー場はオープンが大幅に遅れているようだ。冬山合宿に向けた雪上訓練も、開催が危ぶまれたが、どうにか雪が降り、無事実施できることとなった。
Pc180094 瑞浪組は、Tさん、Kくん、僕の3人で、Kくんの車に乗って、多治見の西友でYさん、Uさんと合流する。Yさんの車に荷物を積み替え、一路、高鷲スノーパークを目指す。
 9時にスキー場に駐車場に到着し、出発準備をする。雪は少なく、スキー場の営業も、上のゲレンデ限定のようだ。

Pc180100 スキー場の受付で、登山届を出し、ゴンドラ代を払ってゲレンデに出る。地面にうっすら積もった雪を踏みしめ、ゴンドラ乗り場に向かい、さっそく乗り込む。
Pc180109 あっと言う間にゲレンデのトップまであがり、スノーシューを装着する。天気は晴れだが、北方と東方に雲があり、北アルプスは見ることができない。
 さっそく、尾根目指してウサギの足跡を追うように上っていく。尾根に出ると視界が開け、前方にブッシュが見える山頂部があらわれる。登山道はかろうじて積雪で白Pc180125くなっており、その白い帯を辿って山頂に向かう。
 積雪期には雪壁になっているはずのブッシュの斜面を登り、山頂直下の尾根に出ると、あと一登りだ。
 ゲレンデトップから1時間ほどで、踏み荒らされていない真っ白な山頂に到着。北方の雲は早く流れ、時折、別Pc180137山、白山が顔を出す。全員で写真を撮っていると、名古屋の山岳会の団体が到着し、賑やかな山頂となる。
 写真を撮って、一息ついた後、滑落停止訓練をするための適当な斜面を物色するが、積雪Pc180142不足でできないということが判明。やむなく、スタンディング・アックス・ビレーの練習とビーコン操作の練習をする。
 ビレーの練習では、久しぶりにやるImgp9380ので、ロープの位置関係があやふやになっていたり、ピッケルとカラビナの位置関係があやふやになっていることが分かり、みんなで確認する。
 ビーコン操作では、至近距離までは素早く近寄るが、そこからの位置確定までに時間がかかった。
Pc180179 その後、山頂を辞し、スキー場までの途中にある斜面で滑落停止訓練をして、13時半前にゲレンデトップまで戻る。
 あとはゴンドラで下まで降り、下山届を出して車に乗り込み、湯の平温泉で体を温め、16時半に多治見についた。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 大日ヶ岳雪上訓練」で見てください。

|

« 曽良山 2016.12.3 | トップページ | 2017冬山合宿 本沢温泉~箕冠山 2017.1.3~4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/64647645

この記事へのトラックバック一覧です: 大日ヶ岳雪上訓練 2016.12.18:

« 曽良山 2016.12.3 | トップページ | 2017冬山合宿 本沢温泉~箕冠山 2017.1.3~4 »