« 弥勒山 2016.11.20 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2016.12.18 »

曽良山 2016.12.3

Imgp9363_2山行の様子→曽良山
=コースタイム=
9:53瑞浪~10:25バーデンパークSOGI10:30~12:02曽良山12:34~13:05細野城趾13:15~13:23細野登山口~13:38白鳥神社~14:15バーデンパークSOGI1015:10~15:40瑞浪 冬晴れの土曜日、息子と里山を歩きに出かける。今回は土岐市の最高峰、712mの曽良山を目指す。
 遅い朝食を済ませ、ザックを準備し、10時前に息子とともに出かける。Pc030005近くのコンビニで食料を調達し、一路バーデンパークSOGIを目指す。
 30分ほどでバーデンパークに着き、下の駐車場に車を止める。息子は元気いっぱい。出発前の記念写真をとり、歩き出す。国道沿いに50mほど歩き、「曽良山登山」の標識に従い、曽木公園の横を旧道沿いに下っていく。

Pc030013 中馬街道に沿って石仏などを見ながら、山の方へ向かっていく。やがて「曽良山登山①」の標識があり、一合目からの登りとなる。民家の間の道をどんどん上り、途中、養蜂所を通り、畑の尽きるところが二合目だ。
Pc030026 ここから山の中の道となるが、わりと広い林道といった感じの緩い登りが続く。三合目を過ぎ、四合目から少し急登の登山道となる。日当たりの良い所でおやつ休憩。お茶とお菓子でエネルギーをチャージし、急な登りをどんどん進む。急登を終えて林道に出ると七合目。
Pc030055 林道を渡り、さらに一登りで稜線に出て、ここが八合目。ここから岐阜県と愛知県の県境を歩いていく。
 樹間から、北西に雪を被った白山が見える。多少のアップダウンを繰り返すと九合目。さらに進むと、細野へPc030073の道との分岐に出て、左に一登りで、土岐市の最高峰、712mの曽良山山頂につく。
 誰もいない山頂で記念写真をとり、一つあったベンチでランチタイムとなる。展望はきかないが、樹間から三国山の電波塔群が見える。
 しばらくすると、ご夫婦のパーティーが登ってくる。息子を見ると、「よくPc030116登ってきたねぇ。」と声をかけられる。しばらくお話をして、12時半すぎに下山にかかる。
 分岐から、細野方面の標識に従い、落ち葉の絨毯の上を滑るように下る。双子岩を見て、どんどん下り、石切場跡を過ぎると、細野城趾への道と正福寺への道との分岐に着く。
Imgp9342 ここで、お菓子タイムをとり、急な下りを滑るように下る。やがて、土塁や堀切の跡が残る細野城趾につき、土塁の裏に回ると、御岳、白山がくっきりと望める小さな広場に出る。
Imgp9358 ここでパパの撮影タイム、息子のお菓子タイムとなり、噴煙を上げる御岳の写真を何枚も撮る。
 十分展望を堪能した後、幾分緩くなった登山道を下ると、細野の集落の奥に出る。ここから舗装道路Pc030138を歩き、正福寺へは向かわず、白鳥神社の方へ向かう。
 ほどなく国道に出て、白鳥神社の鳥居で写真を撮り、あとはトボトボと国道をバーデンパークに向かう。
 40分ほどで駐車場に着き、荷物を置いて温泉で体を温め、瑞浪に向かう。
 山行の様子は、左の「無雪期登山 曽良山」で見てください。

|

« 弥勒山 2016.11.20 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2016.12.18 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/64577395

この記事へのトラックバック一覧です: 曽良山 2016.12.3:

« 弥勒山 2016.11.20 | トップページ | 大日ヶ岳雪上訓練 2016.12.18 »