« 美濃・鶴ヶ城跡 2017.3.11 | トップページ | 本陣山~琵琶峠縦走 2017.4.2 »

天城山、越前岳 2017.3.19~20

山行の様子→天城山、越前岳
=コースタイム(1日目)=
6:00瑞浪~10:00天城高原ゴルフ場10:15~11:42涸沢分岐11:52~12:35万三郎岳12:56~14:08万二郎岳~14:49四辻~15:10天城高原ゴルフ場P15:30~16:13伊東園ホテル熱川
 昨年もこの時期、天城山行を計画したのだが、春の嵐の到来で中止となった。
 今回は一年越しの計画実行となり、白い富士山と海をのぞむ絶景を期待しての山行となる。
 朝6時にTさんを迎えに行き、東海環状道を一路南下。豊田東JCTから新東名に入り朝日に向かって東進する。
 3連休の中日といういこともあり、SAはどこも混雑している。途中、浜松SAで休憩し、さらにP3190007東進し、長泉沼津ICで新東名をおり、伊豆縦貫自動車道に入って道なりに南下する。さらに伊豆中央道に入り、いったん国道におり、修善寺道路を終点まで走る。
 修善寺から県道12号を南東に走り、冷川から南へ向かい、天城高原まで上る。遠笠山道路に合流し西進、途中、ニホンジカに出会い、さらに高原道路を上ると、天城高原ゴルフ場につく。

P3190012 ゴルフ場の手前にハイカー専用駐車場があり、あまり車はないものと思いきや、手前はほぼ満車状態。一番奥まで行って車をとめる。
 さっそく登山の準備をし、道路の向こうの登山口へ向かう。まずは、森の中のぬかるんだ道を下り気味に進み、すぐに四辻につく。
P3190041 ここから右に進み、ぬかるみで滑らないように注意して歩く。小さなアップダウンを繰り返すがほぼトラバース状態の道だ。北面に回り込むとうっすら積雪している。多少ガレている場所もあり気を抜かず進む。
 四辻から1時間ほどで、涸沢分岐につく。分岐と表示はなっているが、登山道はまっすぐ続いている。こP3190045こで一息入れてここから本格的な登りとなる。積雪も増えてきて、アイゼンを装着して下ってくる人が多くなる。山頂直下はちょっとしたアイスバーンになっている。親子のパーティーやスニーカーを履いている人は滑りながら危なっかしい登りとなっている。
 分岐から40分ほどの登りで、天城山最高峰・万三郎岳につく。山頂は大勢の人で賑わっている。まずは記念写真をとり、山頂広場の一角に腰をおろす。
P3190062 展望は春霞のため残念だったが、目の前の一等三角点を眺めながらお茶を飲む。20分ほど休憩し、万二郎岳を目指して縦走路を東に進む。
 大室山と城ヶ崎方面の海を見ながら、いったん下って石楠立を過ぎるとアセビのトンネルをくぐり馬の背に出る。さらにひと登りで万二郎岳にP3190072つき、写真をとってすぐ下りにかかる。
 ここからゴルフ場方面にグングン下り、40分ほどで四辻まで下る。あとは少し登り返して20分で登山口につく。
 ぬかるみでこびりついた登山靴の泥を洗い場できれいにして車に乗り込み、熱川の伊東園ホテルに向かう。45分ほどでホテルにつき、さっそく温泉で汗を流し、飲み放題バイキングを堪能し横になる。  

=コースタイム(2日目)=
7:40伊東園ホテル熱川~10:00十里木登山口10:13~10:25十里木高原展望台~10:46馬ノ背見晴台10:56~11:31平坦地~12:05越前岳12:27~13:46十里木登山口14:05~18:05瑞浪
 朝5時に目が覚める。寝ぼけ眼で最上階の温泉に行き、体を温める。あとは朝食開始の7時までテレビを見ながらゆっくり過ごす。
 朝食後、7時半すぎに出発。当初、富士山の北西側にある毛無山山行を計画していたが、僕がまだ登っていないという理由で、目的地を愛鷹山の越前岳に変更し、前日変更届を出す。
 まP3200094ずは河津方面に海岸沿いを南下する。河津浜温泉を過ぎた所から県道14号に入り、やがて国道414号に入り北上、二重ループ橋で高度を上げ、新天城トンネルをくぐり伊豆市まで下る。ここからは、昨日走った道を北上し、富士サファリパーク目指して富士山の南麓を走る。
P3200098 裾野市の須山を通り、サファリパークを過ぎると道は十里木高原に入る。富士山を北に望む駐車場があり、そこが越前岳への最短コースの登山口だ。
 満車に近い状態だったが、何とか車をとめ出発準備をする。まずは階段を十里木高原展望台まで延々と上る。
P3200137 上り始める前は、しっかり見えていた富士山が、歩き出すと雲が湧き出し、山頂部分が隠れてしまった。展望台からふり返ると、富士山の裾野が延々と続いているのがよく分かる。カヤトの斜面をさらに登ると、馬ノ背見晴台につく。山頂部の雲も流れ、裾野から山頂まではっきり見える。
 一休みして写真を撮り、登山道に戻ると徐々に傾斜を増し、樹林帯のP3200155登りとなる。泥濘の坂道を滑らないように登っていき、30分ほど登るとその名も「平坦地」という平らな場所につく。富士山の方に向かって切り開きになっており、目の前に大きく富士山の姿が見える。
 ここから残雪が多くなり、雪を踏んでの登りになる。勢子辻分岐をすぎると傾斜が緩み、しばらく行くと、愛鷹山最高峰・越前岳山頂だ。
P3200164 山頂は小さな広場だが、一面泥濘で、写真を撮ってベンチで休憩する。南をみると海が春霞にかすんで見え、遠望は利かない。目の前に鋸岳のデコボコした稜線が見える。
 20分ほど休憩し山頂を辞す。勢子辻分岐から軽アイゼンを付け、サクサク下る。残雪が少なくなった所でアイゼンを外し、グングン下り、山頂から1時間20分ほどで登山口につく。
 泥だらけの靴とストックを洗い場できれいにして車に乗り込み、大野路という温泉に向かP3200196う。カーナビに従って須山まで戻り、10分ほどで温泉に到着。露天風呂で、中に巨木があり、その天辺に一人用の浴槽が作ってある不思議な温泉だった。汗を流したあとは、富士宮から新東名に入り、18時すぎに瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「積雪期登山・アイスクライミング 天城山、越前岳」で見てください。

|

« 美濃・鶴ヶ城跡 2017.3.11 | トップページ | 本陣山~琵琶峠縦走 2017.4.2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/65045037

この記事へのトラックバック一覧です: 天城山、越前岳 2017.3.19~20:

« 美濃・鶴ヶ城跡 2017.3.11 | トップページ | 本陣山~琵琶峠縦走 2017.4.2 »