« 各務原権現山 2017.4.16 | トップページ | 2017屏風山クリーンハイク 2017.5.27 »

2017春山合宿 仙丈ヶ岳 2017.5.3~5

山行の様子→2017春山合宿 仙丈ヶ岳
=コースタイム(1日目)=
5:00瑞浪~7:35仙流荘8:05~8:42歌宿8:55~10:58北沢峠11:02~11:11長衛小屋テント場11:52~12:33仙水小屋~13:02仙水峠13:48~14:29長衛小屋テント場
 今年の春山合宿はゴールデンウィーク後半に北沢峠ベース、仙丈ヶ岳に決まる。
 長期予報では、3~5日は降水確率が20%以下で、絶好の登山日和ということだ。最近の気象予報は当たっているので、その予報を信じて出発する。
 Kくん宅に集合し、荷物を僕の車に積み込む。今回は、Tさん、Uさん、Hさん、Sさん、僕の5名が参加、瑞浪ICから高速を北上する。
 GW後半初日だけあって、早朝なのに車が随分走っている。天気予報に反して、空は曇ってP5030002いるが、回復を信じつつ走る。
 駒ヶ岳SAで朝食をとり、伊那ICで下に下りる。コンビニで行動食を調達し、通い慣れた道を長谷に向かう。
 仙流荘につくとバス停にはすでに列ができている。さっそく装備を分担し、乗車券を購入し、列にならび、8時5分発の歌宿行きのバスに乗る。

P5030006 雲は若干とれ、バスからは中央アルプスが見える。ゆっくり高度をあげ、40分弱で歌宿につく。
 正面の戸台谷の向こうに、大きく鋸岳が聳えている。写真をとってゆっくり出発。2時間の林道歩きだ。
Imgp9412 所々に残雪をみながらアスファルトの道を登っていく。空は高曇りといった感じで、すっきりしないが、近くの山はよく見える。
 やがて、南アルプス国立公園のエリアに入ると、鋸岳の鹿の窓がはっきり見えてくる。道はいったん緩やかに下り、雪崩の跡地を横切り、さP5030041らに登ると大平山荘につく。
 山荘前の道路からは中央アルプスがよく見える。さらにまっすく進み、突き当たりをカーブし、ひと登りで北沢峠につく。
P5030057 峠から10分ほど下ると、長衛小屋のテント場につく。さっそく受付をしてテントを設営、腹ごしらえをして、仙水峠まで散歩にいく。
 40分ほどで仙水小屋につき、冷たい水で喉を潤し、さらに30分ほどで仙水峠につく。甲斐駒ヶ岳を間P5030094近に見上げ、南東方向には、地蔵岳のオベリスクも見える。振り返ると仙丈ヶ岳が白く輝いている。
 写真をとりながらゆっくり休み、テント場まで下る。その後、ビールで乾杯となり、昼下がりを楽しく過ごす。
 昼寝のあと、簡単に食事を済ませ、明日に備えてゆっくり休む。

=コースタイム(2日目)=
6:30長衛小屋テント場~7:17二合目7:20~8:00四合目8:10~8:30大滝ノ頭~9:47小仙丈ヶ岳10:10~11:27仙丈ヶ岳11:50~12:36小仙丈ヶ岳12:47~13:09大滝ノ頭~13:21四合目~14:18長衛小屋テント場
P5040112 朝5時前に物音で目が覚める。周りのテントは、すでに出発準備が完了している人が多くようだ。
 まずはお湯を沸かし、コーヒーで目を覚まし、朝食をとって6時半に仙丈ヶ岳に向けて出発する。
 北沢峠まで登り返し、冬期閉鎖中のトイレの横を通って登っていく。登り初めは寒かったが、登るにつれて汗をかく。二合目でTシャツになり急P5040147登をどんどん登っていく。
 三合目からは、北岳のピラミダルな姿が見える。さらに急登を登ると四合目に着く。ここから少し登ったところで夏道と分かれ、ところどころナイフリッジ状になっている尾根を登り、大滝ノ頭につく。
Imgp9464 さらに登ると森林限界をぬけ、六合目の大展望が待っている。振り向くと甲斐駒ヶ岳が大きく迫り、富士山も東の稜線を見せ始めている。また、北岳から間ノ岳も間近に見える。
 展望を楽しんだあとは、小仙丈ヶ岳への急な雪壁が待っている。キックステップで一歩一歩上に進み、Imgp9465小仙丈ヶ岳につく。
 ここからは、小仙丈カールの白い壁が立派に見え、甲斐駒ヶ岳はもちろん、富士山、北岳、間ノ岳、西には中央アルプス、御岳、槍・穂高連Imgp9474峰、後立山連峰、白馬三山、遠く白山までも一望できる。
 ピークのすぐ下の岩場にはライチョウも姿を見せ、ゆっくり展望を楽しむ。その後、アイゼンを装着し、ストックからピッケルに持ち替え、小Imgp9479仙丈尾根の稜線を行く。
 八合目の鞍部にいったん下り、最後の雪壁をあえぎながら登り、山頂稜線のアップダウンをこなすと、3033mの山頂につく。
P5040217 山頂は360度のパノラマで、南アルプスは鋸岳から甲斐駒ヶ岳、北岳、間ノ岳、塩見岳、荒川三山、赤石岳まで遠望できる。
 北東には、白馬三山から後立山連峰、表銀座の山々、槍・穂高連峰とImgp9494いった北アルプスの山々が連なり、御岳、中央アルプスがよく見える。さらに遠くに白山の姿も見える。
 至福の時間は、あっという間に過ぎ、12時前に下山にかかる。山頂稜線の端で、ライチョウを見かけ、カメラに収めて雪壁をグングン下る。
Imgp9497 あっという間に小仙丈ヶ岳につき、小休止後、さらに下り、二合目からはテント場への近道を下り、14時18分にテント場に戻る。あとは、登頂祝いの宴となり、お酒を飲みながらゆっくり過ごす。

=コースタイム(3日目)=
6:45長衛小屋テント場~8:45歌宿8:51~9:23仙流荘10:35~13:09瑞浪
 昨日同様、周りの物音で目が覚める。ゆくり朝食の準備をし、テントを撤収する。
P5050274 7時前にテント場をあとにし、一昨日登って来た道を下る。今日も天気は良く、甲斐駒ヶ岳や鋸岳がよく見える。
 途中、大きな鳥が羽ばたいて、木から木へ飛び移っているのを見かけImgp9523る。よく見るとヤマセミのようだ。木にとまったところを一眼レフで狙い、撮影に成功する。
 鹿の窓を確認し、2時間ほどで歌宿に到着。定時まではまだ1時間以上あるが、ある程度人数がいるので、臨時で出発するとのこと。おかげで待ち時間は6分ですんだ。
 30分ほどで仙流荘につき、車に荷物を積み込み、温泉の営業時間まで待つことにする。
 10時に18268673_157980101401189_3482457309なると温泉が営業開始し、さっそくお湯で体をほぐす。そのご、カーナビに導かれ、駒ヶ根の「いな垣」でソースカツ丼を堪能し、13時すぎ瑞浪につく。
 山行の様子は、左の「合宿 2017春山合宿 仙丈ヶ岳」で見てください。

|

« 各務原権現山 2017.4.16 | トップページ | 2017屏風山クリーンハイク 2017.5.27 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/65238690

この記事へのトラックバック一覧です: 2017春山合宿 仙丈ヶ岳 2017.5.3~5:

« 各務原権現山 2017.4.16 | トップページ | 2017屏風山クリーンハイク 2017.5.27 »