« 乗鞍岳 2017.7.31 | トップページ | 富士見台 2017.11.12 »

トムラウシ山 2017.8.9

山行の様子→トムラウシ山
=コースタイム=
2:45トムラウシ温泉~3:17短縮登山道登山口3:30~4:33カムイ天上~5:47コマドリ沢分岐5:57~6:44前トム平6:50~8:34トムラウシ山8:50~10:03前トム平10:10~10:40コマドリ沢分岐~11:48カムイ天上~12:30短縮登山道登山口12:40~13:07トムラウシ温泉
 毎年恒例、夏の北海道旅行、今年は帯広~富良野~旭山~層雲峡~小樽の7日間の旅となる。
 初日、新P8080065千歳空港から帯広まで行き、六花亭でおやつを食べた後、家族と分かれてトムラウシ温泉に向かう。
 カーナビに導かれ、東行し、やがて十勝川に沿って山の奥に向かう。温泉まであと5kmのあたりからダートとなり土煙を上げながら山道を行くと、トムラウシ温泉の国民宿舎東大雪荘につく。
 さっそくチェックインし、部屋に荷物を置き温泉に入る。なめらかな良いお湯で体がよくほぐれ気持ちいい。その後、夕食をとり早朝の出発に備えて早めに床につく。

 まだくらい2時過ぎに起床。着替えをし、夕食時にもらったおにぎりを食べ出発の準備をする。外はまだ暗く、曇り空で星も見えない。
 荷物を車に積み込み、短縮登山道までの林道を走る。意外に広いダートで標識もあり順調に走る。途中、森の中からエゾジカが飛び出しヒヤッとする。神威橋の手前で左折し、しばらく上っていくと短縮登山道登山口につく。
 数台車がとまっているが、ここからの入山者はそんなにいないようだ。出発の準備をしていうともう一台車が上がってきた。後続がいるということで多少安心感が増す。
 3時半にヘッドランプをつけて登り始める。真っ暗な中、一人山の中を行くのは薄気味悪P8090074い。20分ほどで温泉からの登山道との分岐につく。さらに登っていくと明るくなり始めホッとする。
 1時間ほどでカムイ天上につき小休止。ここからが天上界ということにP8090081なる。数m先にヒグマの糞と思われる物体が転がっていた。
 進むに従い樹木の背が低くなり高原状の道となる。雲が切れ東に十勝岳の連峰が見えてきた。さらに登P8090084ると青空の向こうに王冠のようなトムラウシ山山頂が見えてくる。まだまだ先は長い。
 平坦な道がやがて下りになり、カムイサンケナイ川の源流部に下りる。しばらく川に沿って登るとコマドP8090101リ沢分岐につく。小休止後、コマドリ沢に入ると、エゾノキンバイソウの群落、トカチフウロの群落が両岸に続き、エゾツツジの赤い花もあちこちに咲いている。エゾコザクラのきれいなピンクも緑の中によく目立つ。
P8090392 沢の途中にわずかに残った雪渓を横目にどんどん登るとやがて前トム平への分岐に出る。ここから少し樹林を登ると岩礫地帯となり、右手にトラバースして登っていく。
Imgp9569 登りながら前を見ると、先行した茨城の人の50mほど先に黒く動く物が見える。何とヒグマだ。先行者は前を向きながらゆっくり後ずさってくる。その様子を見ながら、いったん停止し、注意深くヒグマを見ていると、ゆっくりと岩礫を対岸に横切って遠ざかっていった。
 安全を確認し、ヒグマの姿をカメラに収め、熊鈴を連打しながら前トム平まで登ってく。
 
P8090174 ここからは、ニペソツ山、十勝連峰がよく見える。そして、北に大きくトムラウシ山山頂が見える。一息入れ、なだらかな岩の登りを進み、尾根を乗り越えると、下にトムラウシ公園が見える。
P8090196 東面に残雪を抱き堂々としたトムラウシ山の姿に感動しながら、岩の道を下ると、コバイケイソウやチングルマ、ハッコウダシオガマ、エゾタカネツメクサ、イワギキョウ、エゾウサギギクなどが咲き乱れるお花畑P8090278で、さらに少し登ると砂礫の中にコマクサの群落が点在している。
 トラバース気味に進むと山頂への分岐につき、右手に曲がり最後の登りにかかる。長時間登って来たので、太ももの筋肉が痙りそうにP8090300なるが一頑張りして、8時半すぎにトムラウシ山山頂につく。
 山頂からは、旭岳、白雲岳といった大雪山系の山々が大きく見えた。そして、緑の縦走路が忠別岳を経てトムラウシ山まで続いている。東にP8090302は石狩岳、南にはニペソツ山、西には十勝連峰の山々が雲の上に顔を出している。
 帰りも長いので、いつまでも至福の時を過ごしているわけにはいかず、早々に下山にかかる。下りなのP8090332で、快調に進み、1時間15分で前トム平に着く。さらに30分でコマドリ沢分岐につく。
 ここから稜線までの登り返しが意外にきつく、大汗をかきながらクリアする。カムイ天上までくると、あとP8090362は下る一方で、12時半に登山口につく。ここからダートの道を車で30分いくとトムラウシ温泉につく。
 温泉に入る前に、そばを食べて空腹を満たし、あたたかいお湯で汗を流す。さっぱりしたあとは、2時間のドライブで家族の待つ帯広に向かう。
 山行の様子は、「無雪期登山 トムラウシ山」で見てください。

===番外編:北海道・道央の旅 2017.8.8~14===
~8月7日typhoon
 8日の朝便で北海道に向かうので、7日の午後、セントレア島に前泊で行く予定だったが、台風5号が接近したため、セントレアラインが閉鎖になる可能性が出てきた。
 橋が渡れないと前泊もできなくなるということで、急遽予定を早め、朝食後すぐにセントレアに向かう。
 出発時には風もなく順調に環状道を走るが、愛知県に入ったとたん雨が降りだし、常滑に近づくと風雨が強くなる。横風が強いセントレアラインを渡り、何とか東横インの駐車場に車を置く。
 チェックインには早いので、昼食と観光を兼ねて空港に向かう。案内を見ると午前便は多くが欠航となっている。午後の便はまだ予定がでていないがかなり厳しそうだ。
 とりあえずお店を見て回り、フードコートで昼食をとる。その後、ポケモンを探して景品をゲットし、2時半からの空港ツアーに参加する。
 ツアーの参加者は、我が家族のみだったので、VIP待遇のツアーとなる。普段はなかなか行かないところや入れない所を見せてもらい楽しい一時を過ごす。
 チェックインの時間がきたのでいったんホテルに戻り部屋でゆっくりする。その後夕食を食べに再び出かけるが、風雨がさらにすごくなっている。レストランで食事をし、東横インのバスに乗ろうと外に出ると吹き飛ばされそうな暴風雨となっていた。何とかバスに乗り込みホテルに戻り、明日の天気を心配しながら眠りにつく。
~8月8日cloud/sun
 夜中何度か目が覚め、ぐっすり眠れないうちに朝が来る。どうやら雨はあがったようだ。でも、風はまだ少々強い。
P8080011 朝食をたべにF1に下り、運行状況のモニタを見ると、朝の札幌便は運行するようだ。一安心して朝食を済ませ、荷物をもって空港に向かう。
 無事搭乗手続きをすませ、出発ロビーへ。いよいよ北海道旅行がスタートする。飛行機に乗ってしまえばあとは1時間半の空の旅。
P8080044 あっという間に新千歳空港につく。レンタカー屋のバスに乗り、ホンダレンタカーへいき、新車のフィットを借りまずはイオンでサザエ食品のおにぎりを買い込む。高速に入り、最初のPAでおにぎりを食べ帯広に向かう。
 帯広の六花亭でサクサクパイを食べ、ここで家族と別れ、単身トムラウシ温泉に向かった。
~8月9日cloud
P8090430P8090432 トムラウシ登山後、帯広に戻り家族と合流。夕食に豚丼を食べに行く。ホテルの人にお勧めの店を聞き、駅前の「ぱんちょう」で食べる。肉が分厚いのに軟らかく非常に美味しい。子供たちも大喜びだ。
 その後、ホテルに戻り温泉に入りゆっくりする。
~8月10日cloud/sun
 P8100458この日は富良野に移動。まずアンパンマンショップでアンパンマングッツを買い、アンパンマンと写真を撮り、麓郷展望台で雄大な景色を楽しみ、富良野チーズ工房で絶品のピッツアと濃いソフトP8100482クリームを堪能する。
 その後、富良野ワインに行き、ワインの試飲をし、今夜のホテル、ナトゥールヴァルト富良野にチェックイン。館内を巡るスタンプラリーやおP8100498やつのサービスが子供に優しいホテルだ。
 少しゆっくりした後、那虎にラーメンを食べに行く。チャーシューが大きくて味が良く浸みておP8100525り、麺もシコシコで絶品のラーメンだ。その後、ニングルテラスで風鈴などを買い、ホテルに戻る。
~8月11日cloudrain
 今日は富良野から旭岳温泉を目指す。まずは、P8110554ファーム富田でラベンダーの香りを楽しみ、さらにフラワーランドかみふらのでトラクターバスにのってお花畑を満喫する。
 その後、旭川に向かい、ヴィクトリアで昼食をとり、P8110582東川の道の駅、ひがしかわ道草館で、テレビでも紹介されていた「スノークリスタル キラリ」の濃厚ソフトクリームを食べ、最近話題の「青い池」に向かう。
P8110637 ニュースによると、連日青い池に向かう道路は渋滞が発生しているということだが、渋滞もなく目的地に近づいていた。しかし、手前500m付近から駐車場に入る車の渋滞となり、現地もかなりの人であふれていた。観光バスも何台もとまっており、人気のほどがうかがえる。
P8110648 さっそと池見学を切り上げ、旭岳温泉に向かう。途中、雨が降ったり止んだりしながら次第に標高をあげ、ホテルが近づくと、旭岳が大きく見えてきた。やがて、今日の宿、ホテル ディアバレーにつく。
 大人の雰囲気で静かないいホテルだ。二階から旭岳が大きく見える。三階の角部屋も広く快適な空間だ。食事もお酒も美味しく大満足。温泉に入ってゆっくりくつろぐ。
~8月12日rain/cloud
P8120769 今日のメインは旭山動物園。あいにくの雨模様だが、昨日買ったカッパが活躍しそうだ。朝、早めにホテルを出たので、開園30分前には到着。チケットを買って西門の入口に並ぶ。肌寒く、長袖長ズボンに着替P8120679え、開園を待つ。
 開園後、まずはシロクマ館でシロクマの泳ぎを目の当たりにする。次に、アザラシ館で柱水槽を行き来するアザラシを期待して待つが、なかなか動かない。それでも待っていると頑張って動いてくれた。その次は、ペンギンが頭上で泳ぐ様を見にペンギン館へ。期待通り、ペンギンが飛ぶように頭上を泳いでいく、その後、カバ、キリン、ヒグマ、トラ、ライオンなどを見て十分動物園を楽しんだ。

 お昼は、エスペリオで美味しいハP8120776ンバーグとデザートにノースプレインファームのソフトクリームを食べる。
 その後、層雲峡を目指し、銀河の滝・流星の滝を見て、朝陽リゾートホテルにチェックイン。家族温泉でゆっくりくつろぎ、部屋から花火をみて就寝する。
~8月13日raincloudsunrain
 今日は小樽まで移動。小雨の中出発し、途中大雨にあったり、曇ったりで札幌へ。小樽P8130819に着く頃には陽も差し、蒸し暑くなる。まずはお昼ご飯をということで、有名回転寿司Tに入るが、寿司が客に追いついていないらしく、席にいるP8130851人も待つ人もイライラ状態。
 これはダメだということで、イオンの回転寿司、魚一心に移動し、美味しいお寿司を頂いた。昼食後、街の中心に戻り、北一硝子硝屋で硝子製品を購入し、北菓楼でソフトクリームを堪能する。
P8130849 その後、ドーミーインにチェックインし、休憩後夕食に出かける。今夜は念願の小樽バインでワインとパスタを頂く。小樽ワインを何種類も飲みいい気分!その後、ホテルに戻り北海道最後の夜をゆっくり過ごす。
~8月14日sun
P8140893 今日はもう帰る日だ。小樽から札幌に向かい、白い恋人パークで、お菓子のラインを見たり、小さな機関車に乗ったりして楽しむ。その後、空港に向かい軽く昼食をとり、最後はよつ葉ホワイトコージーのソフトクP8140921_2リームでしめる。
 飛行機に乗り込み、あっという間にセントレアに到着。降りるとすぐに熱気が襲いかかる。とりあえず東横インで車を回収し、瑞浪に向かう。

|

« 乗鞍岳 2017.7.31 | トップページ | 富士見台 2017.11.12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140262/65696096

この記事へのトラックバック一覧です: トムラウシ山 2017.8.9:

« 乗鞍岳 2017.7.31 | トップページ | 富士見台 2017.11.12 »