« 木曽駒ケ岳~将棋頭山縦走 2020.8.2 | トップページ | 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 »

蓼科山 2020.8.10

P8100098 山行の様子→蓼科山
=コースタイム=
4:31瑞浪~7:51七合目P8:03~9:02天狗の露地9:11~9:25将軍平9:36~10:11蓼科山10:55~11:55将軍平12:02~12:28天狗の露地12:32~13:10七合目P13:20~17:15瑞浪
 今年の山の日は8月10日ということで、10年ぶりに蓼科山に息子と出かけた。
 朝4時に起き、出発。中津川ICから中央道を北上する。駒ヶ岳SAで朝食をとり、諏訪へ向かう。予想外に空に雲が多く、八ヶ岳は雲の中だ。
 諏訪ICを下り、カーナビに導かれてビーナスラインを進む。こんなご時世だが、白樺P8100006 湖は大勢の観光客で賑わっている。
 予定通り8時前に7合目登山口につくが、すでに駐車場は満車状態。しかたなく路肩の広くなった場所に車をとめる。

 身支度をして、100mほど戻り7合目の鳥居につく。ここが本日の登山口だ。
P8100022  写真を撮って緩やかな登山道を進む。しばらく行くと「馬返し」につき、ここから傾斜がきつくなる。
 1時間ほどで天狗の露地につき、ここで景色を見ながら小休止。岩塊流が広がり、眼下に碧い森、女神湖が見える。その向こP8100025 うには車山のレーダードームがよく見える。
 その後、急登を1時間ちょっと頑張り、将軍平につく。蓼科山荘は営業しており、外にテントを張ってグッズを売っている。
 P8100035  日陰で休憩し、最後の登りにかかる。岩がゴロゴロした坂を手足を使ってグングン登るとやがて森林限界に達する。
 振り返ると、佐久平の向こうに浅間山がよく見える。
 P8100043 将軍平から30分ほどで蓼科山頂ヒュッテにつく。テラスで生ビールでも飲めば最高だがぐっと我慢して三角点に向かう。
 山頂は大勢の人で賑わい、順番に写真を撮る。北アルプスは青空に浮かんだ雲で所々隠れているが、残雪まではっきり見えP8100050 る。南アルプスは甲斐駒ヶ岳が雲から顔を出している。南八ヶ岳は編笠山から権現岳まで雲から頭を出していた。
 山頂付近の八ヶ岳がよく見える場所でご褒美デザートを食べゆくり休憩する。そのうちに南八ヶ岳の主峰群が姿を現した。最P8100107 後に火口原の蓼科神社奥宮にお参りして下山にかかる。
 大きな岩の急な下りなので、息子はなかなか苦戦している。30分で登ったところを1時間かけて下り将軍平で小休止。さP8100070 らに石ころで滑りそうな道を1時間頑張り、13時すぎに七合目につく。
 朝よりも路上駐車の車が増えているのに驚きつつ、登山靴をぬぎ車中の人となる。
P8100115  白樺高原の池の平白樺高原ホテルで温泉に入りさっぱりしたあと、朝来た道を戻り、17時すぎに家に着く。
 山行の様子は、「無雪期登山 蓼科山」で見てください。

|

« 木曽駒ケ岳~将棋頭山縦走 2020.8.2 | トップページ | 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 木曽駒ケ岳~将棋頭山縦走 2020.8.2 | トップページ | 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 »