« 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 | トップページ | 御座山 2020.10.24 »

大渚山、雨飾山 2020.9.20~21

P9210166 山行の様子→大渚山、雨飾山
=コースタイム(1日目)=
5:00瑞浪~9:07鎌池上P9:18~9:41湯峠~10:31東峰10:35~10:43大渚山10:55~11:04東峰~11:39湯峠11:43~12:05鎌池上P


 秋の4連休、少し遠出をということで、信越国境の雨飾山に3人で出かける。
 記録を調べてみると、23年ぶりの雨飾山ということになる。今回は、雨飾山に登る前に、足慣らしで近くの大渚山に登ることとする。
 朝5時に瑞浪を出発。中央道を順調に走り、駒ヶ岳SAで朝食をとる。さらに長野道を走り安曇野ICで下におりる。
 オリンピック道路を白馬方面に北上し、白馬駅前を通りさらに進む。姫川を渡り長いトンネルを抜けると小谷温泉への標識があり、それに従って右折する。
 あとは山道をグングン上っていくとやがて小谷温泉につく。さらにその奥を登り、雨飾高原キャンプ場への分岐で左折し、湯峠に向かう。
P9200001  鎌池入口を過ぎると、なんと湯峠への林道が通行止めとなっている。どうやらこの夏の大雨で道路が崩壊したようだ。バリケード横の広場には3台車がとまっていたので、同じように車をとめ、身支度をして大渚山の登山口・湯峠を目指して歩き出す。

P9200078  林道をしばらく進んでもなかなか崩壊地点はあらわれない。谷の向こうに大渚山の岩壁が見えてくる。
 15分ほど歩くと路肩が崩壊したヶ所に着く。ここからすぐに湯峠の登山口につく。
P9200045  樹林帯をどんどん登ると気持ちの良いブナ林となり、急登を登ると崩壊地のヘリに出る。登山道で途中で消え崖のヘリを登るように道が付け替えてある。雨飾山が北に見えるが、山頂部は雲の中だ。少しP9200055 左に目を移すと、海岸線と街が見える。
 崩壊地から一頑張りすると、大渚山の東峰につく。風がよく通り気落ち良い。まだ曇っているので展望は今一だが、晴れていれば北アルプスがばっちり見えるということだ。
 記念写真を撮って三角点のある大渚山山頂にに向かう。300mほど西に進み、展望台のある大渚山山頂につく。山頂は樹林の中で見晴は利かないが、展望台に上ると見晴が良い。今日は曇り空なので北アルプスは見えないが、日本海の海岸線をしっかり望むことができる。
 展望台の下にある三角点を写真に収め、下山にかかる。
P9200086  40分ほどで湯峠まで下り、林道を20分ほど歩き車に戻る。その後、鎌池まで車で行き、池を見学する。その後、雨飾高原キャンプ場へ移動し、テントを張って昼間の宴となる。
P9200113  飲んだあとはゆっくり昼寝をし、夕食後、キャンプ場のイベントに少し顔を出し、日本酒・大雪渓と焼き鳥で良い気分になりシュラフに入る。
=コースタイム(2日目)=
6:10雨飾高原キャンプ場~7:00ブナ平~7:31荒菅沢7:39~8:49笹平~9:15雨飾山9:45~10:11笹平~11:00荒菅沢11:15~11:40ブナ平11:43~12:19雨飾高原キャンプ場12:40~18:27瑞浪


P9210130  朝5時前に起床。味噌煮込みうどんで朝食を済ませ、身支度をして6時すぎに歩き出す。
 まずは大海川に沿って湿原の木道を行く。15分ほどで湿原が終わり、尾根に向かう急登が始まる。
 P9210137_20200922112801 歩き始めの急登はなかなかキツい。すぐに体温が上昇するので、上着を一枚脱ぐ。
 50分ほどでブナ平につき、多少道の傾斜が緩くなる。ブナ林を進むと携帯トイレブースが設置されている。さらに進むと一端下りとなり、下りきったところが荒菅沢だ。
P9210139  ここで小休止し、水分補給をする。いよいよ山頂稜線に登る急登が始まる。急傾斜の道をどんどん登るとやがて樹林が途切れ、岩稜も現れる。1時間ほど頑張ると笹が茂る高原状となり、やがて笹平につく。ちょうど山頂部の雲も晴れ、笹原の向P9210164 こうに雨飾山山頂が見える。
 笹原の中を20分ほど歩き、最後の一登りで、登山者の賑わう雨飾山山頂につく。
 山頂からは雲海の向こうに白馬岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳がよImgp1794 く見える。また、槍ヶ岳や穂高岳まで雲に浮かんで見える。北を見ると、雲間に日本海の海岸線が見え、間近に焼山、火打山が 望まれる。
P9210202  山頂で記念写真をとり、石像があるピー クで大休止、景色を堪能しながら腹ごしらえする。
 30分至福の時を過ごし、下山にかかる。荒菅沢までの急登では、登山者とのすれ違いで思いの外時間がかかった。
P9210205  笹平から1時間弱で荒菅沢につき、水分を補給する。ここから尾根に登り返し、ブナ平を経て大海川まで頑張る。
 沢で悠々と泳ぐイワナを見ながら15分ほど木道を歩き、キャンプ場に戻る。
P9210241  早速テントを撤収して、温泉を目指すが、雨飾荘、山田旅館では入れず、国道まで下り、サンティンおたりでようやく汗を流す。
  連休ということで、安曇野IC手前や塩尻付近で渋滞にはまり、中津川から咲きも大渋滞ということでP9210255 中津川ICで下り、抜け道をひたすら走り、18時半に瑞浪につ く。
 山行の様子は「無雪期登山 大渚山、雨飾山」で見てください。

|

« 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 | トップページ | 御座山 2020.10.24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2020夏山合宿 涸沢BC 奥穂高岳・前穂高岳 2020.8.13~15 | トップページ | 御座山 2020.10.24 »