芥見権現山の岩場 岩トレ 2022.1.15

山行の様子→芥見権現山の岩場 岩トレ
=コースタイム=
7:00瑞浪~8:40林道脇P8:45~8:51登山口~9:04岩場<岩トレ>15:15~15:30林道脇P15:35~17:00瑞浪
 新人Nさんとともに、Tさん、Sさんと芥見権現山の岩場に岩トレに出かける。
 1年ぶりの岩トレなので、少々不安を覚えつつ、Tさん、Nさんをピックアップして、土岐のセブンイレブンでSさんと合流する。
 P1150003 Sさんの車の後ろについて走り、藍川中学校の横手を山の中に進み、岐阜市の東部クリーンセンターの手前の空き地に車をとめる。
 5分ほど林道を歩き、クリーンセンターを過ぎた辺りから山に入る。

» 続きを読む

| | コメント (0)

富士見台 2022.1.8

山行の様子→富士見台
=コースタイム=
6:30瑞浪~7:35神坂神社P7:53~9:15富士見台高原口(分岐)9:25~10:24萬岳荘~11:00富士見台11:27~11:55萬岳荘~12:46富士見台高原口(分岐)12:53~13:32ブナコース登山口~14:05神坂神社P14:15~16:28瑞浪

 冬山合宿は不完全燃焼気味で終わったので、三連休の初日にTさんと富士見台に出かけた。
朝6時半に自宅に集合し、岩村を経て中津川ICから中央道に入る。三連休の初日ということもあり、早朝から多くの車が走っている。恵那山トンネルをぬけ園原ICでおり、ガソリンスタンドの手前で右折して山の方へ向かう。
 月見堂を過ぎ、人家が尽きたところから道路にも積雪が現れる。道が細くなりいくつかのカーブを越えると神坂神社の駐車場につく。
 P1080002 駐車場にはすでに十数台車があり、我々の後にも数台やってきた。これだけ人数がいればスノーシューも必要なさそうなので、車にでデポしておく。身支度をして道路を横切り神坂神社への石段を登る。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2022冬山合宿 赤岳 ~美濃戸から行者小屋まで~ 202.1.3~4

山行の様子→2022冬山合宿 赤岳~美濃戸から行者小屋まで~
=コースタイム(1日目)=
6:30瑞浪~9:39美濃戸10:10~12:57行者小屋
 今年の冬山合宿はテント泊で赤岳ということで、正月3日に山に向かった。
 Tさん宅に寄り、中央道で諏訪まで走り、原村の樅の湯で千葉から参加のSさんと合流し、凍結した道を美濃戸に向かう。
 P1030002 林道には心配したほどの雪もなく、9時半すぎに美濃戸の駐車場に到着する。今日が三が日の最終日なので、駐車場には余裕がある。
 着替えをして装備を分担し、10時すぎに歩き出す。

» 続きを読む

| | コメント (0)

岩伏山 2021.12.11

山行の様子→岩伏山
=コースタイム=
7:58瑞浪~9:00津島神社P9:13~10:25岩伏山11:14~12:25津島神社P12:35~14:25瑞浪


 近場で手軽に登れそうな奥三河の岩伏山に息子と出かける。
Pc110003  朝食後、8時前に家を出て、コンビニで食料調達後、R257を南下する。茶臼山高原道路への交差点を少し越えたところから集落に入り、「岩 伏山→」の案内板に従って進むと登山口の駐車場につく。先客はおらず我々が本日の最初の登山者のようだ。
 Pc110007  車を下り、靴を履き替えザックを背負っていざ出発!まずは津島神社の階段を拝殿まで登っていく。

» 続きを読む

| | コメント (0)

乳岩峡~三ツ瀬明神山 2021.11.23

山行の様子→乳岩峡~三ツ瀬明神山
=コースタイム=
5:35瑞浪~8:00車止め手前駐車場8:08~8:25乳岩峡入口~8:42乳岩分岐~9:00通天門~9:12乳岩分岐~10:21鬼岩乗越~10:52胸突八丁の頭~11:00六合目~11:38三ツ瀬明神山12:10~12:15栃ノ木沢コース分岐~13:15鬼岩乗越~13:58乳岩分岐~14:07乳岩峡入口~14:24車止め手前駐車場14:30~16:51瑞浪
 土曜日に出かける計画を立てていたが、諸事情により、勤労感謝の日に出かけることになる。
 早朝5時に起き、持ち物を確認、5時半すぎに自宅を出発。山岡のコンビニで朝食とデザートを調達し、岩村からR257をひたすら南下する。
 玖老勢の交差点を左折し、鳳来寺小学校の横を通り鳳来寺山の登山口を過ぎてカーブの多い道を湯谷温泉方面に下っていく。やがて宇連川を渡り、R151を北上し、飯田線の三河河合駅前を過ぎ、左折して踏切を渡り真っ直ぐ進むと突然車止めがあらわれる。あとで調べると、2021年Pb230005 5月14日から規制が始まったということが分かった。
 とりあえずバックしてすぐ側の駐車場に1000円支払って車をとめる。さっそく身支度をして乳岩峡入口まで1.2kmの林道歩きとなる。

» 続きを読む

| | コメント (0)

秋の大川入山 2021.11.7

山行の様子→大川入山
=コースタイム=
6:21瑞浪~7:47治部坂高原スキー場P7:55~8:08登山口~8:55横岳9:00~10:45大川入山11:27~12:41横岳12:45~13:22登山口~13:27治部坂高原スキー場P13:34~15:31瑞浪

 25年ぶりに大川入山に出かける。
 朝6時半前に自宅を出発。岩村をぬけR267を南下、稲武からR153を北上し、治部坂高原スキー場につく。25年前は北側の駐車場に車をとめて森に入り遊歩道を少し登って登山口まで歩いた記憶だったが、北側の駐車場は鎖で閉鎖されており、やむなくスキー場入口の駐車場に車を止める。
 身支度をして、スマホの地図で登山口を確かめまずは落ち葉で敷き詰められた林道をあるく。

» 続きを読む

| | コメント (0)

木曽・風越山 2021.10.9

山行の様子→木曽・風越山
=コースタイム=
5:42瑞浪~8:43鷹鳥屋登山口8:53~10:23カヤトの丘10:40~11:01風越山11:07~11:12展望地11:40~12:09カヤトの丘12:12~13:12鷹鳥屋登山口13:23~16:00瑞浪

 秋晴れの一日。息子と木曽の風越山に登りに行く。
 朝6時前に自宅を出発。恵那の吉野屋で朝食をとり、R19を北上する。寝覚の床の信号からカーナビに従って山の方に入っていく。途中で案Pa090005 内が終わり少々迷って予定より30分遅れで鷹鳥屋登山口につく。登山口前には車3台分の駐車スペースがあるがまだ先客はいない。
 車をとめて身支度をして9時前にスタートする。すぐにA、Bコースの分岐となり、Aコースを登って行く。

» 続きを読む

| | コメント (0)

入道ヶ岳 2021.9.23

山行の様子→入道ヶ岳
=コースタイム=
5:50瑞浪~7:54椿大神社第3P8:02~8:15椿大神社~10:33入道ヶ岳11:00~12:12井戸谷コース登山口~12:30椿大神社第3P12:40~14:03瑞浪
 鈴鹿セブンマウンテン最後の一座、入道ヶ岳にTさんと出かける。
 朝6時前にTさん宅を出発。勝川ICから名二環に入り、東名阪を経て新名神の鈴鹿スマートICで下におりる。
 P9230001 高速を下り、「椿大神社→」の看板に従って数分で、椿大神社第3駐車場につく。ここは、登山者のための駐車場で、無料開放されている。すでに十数台の車がとまっているが、広い駐車場なので余裕をもって車をとめることができた。
 身支度を調え、8時すぎに駐車場を出発。まずは椿大神社までアスファルトの道を緩やかに登っていく。
P9230004  10分ほどで神社につき、大きな鳥居をくぐって境内に入る。参道を進み、神職や巫女さんたちが朝のお清めをする中、登山の安全を祈願して登山口に向かう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

養老山 2021.9.19

山行の様子→養老山
=コースタイム=
5:50瑞浪~7:41滝上P7:45~7:50養老の滝7:55~8:00滝上P8:03~8:05登山口~9:37アセビ平(旧牧場)9:44~10:27笹原峠10:32~10:43小倉山~11:03養老山11:08~11:27小倉山12:08~12:19笹原峠~12:29三方山12:31~13:49登山口~13:51滝上P14:05~15:35瑞浪

 台風一過の日曜日。快晴の下、息子と養老山に登る。
 朝6時前に自宅を出発。土岐ICから高速に入り、養老ICで下におりる。
 カーナビに導かれて養老の滝上駐車場につくと、駐車場には数台車がとまっていた。
P9190018  まずは名瀑・養老の滝を見に行くことにして、階段を下る。数分で滝につき、写真を撮って駐車場に戻る。
 ザックを背負って登山届を出し、ゲートの鎖をまたいで登山道に入る。すぐに、三方山とアセビ平への分岐となり、アセビ平方面に向かう。

» 続きを読む

| | コメント (0)

焼岳 2021.8.27

山行の様子→焼岳
=コースタイム=
3:37瑞浪~8:15中の湯8:30~新中の湯登山口~10:05広場~11:45焼岳南峰12:12~12:54広場13:00~13:52新中の湯登山口~13:57中の湯14:30~18:08瑞浪

 お盆の長雨もようやくおさまり、再び夏空が戻って来た。夏休み最後の山行に焼岳に向かう。
 早朝3時半すぎに自宅を出発。近くの県道が崩壊しており細い迂回路を通り中津川に出る。
 R19の崩壊箇所は片側通行となっており、夏の豪雨の酷さを再確認する。途中のコンビニで朝食をとり、薮原から上高地に向かう県道に入るが、「しらかば平から境峠は通行止め」の表示がある。仕方なくR19に戻り塩尻にぬけ、松本まで長野道を走りR158で奈川ダムまで入る。P8270008 1 時間ほどの大回りをして釜トンネル前を通り、旧R158に入ると、ここも落石のため中の湯でストップ。仕方なく、800円の駐車料金を払い中の湯に車をとめ、温泉旅館の裏手から登り始める。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«花の白山 2021.7.31