2018春山合宿 涸沢 2018.5.4~5

P5050395山行の様子→2018春山合宿 涸沢
=コースタイム(1日目)=
4:00瑞浪~6:30沢渡7:07~7:27上高地7:40~8:26明神8:41~9:28徳沢9:45~10:39横尾11:00~12:08本谷橋12:30~15:50涸沢
 今年の春山合宿は、涸沢から奥穂高岳に登り。登頂後は、山を見ながらおでんに生ビールでゆっくり過ごそうと計画をたてた。
 連休前半は好天に恵まれたが、後半はあまり良くなさそうだ。特に3日は確実に雨だということで、出発を1日後ろにずらす。
 4日の早朝、Kくん宅に集合、車を置かせてもらい、Tさん、Hさん、UさんとP5040132ともにSカーに乗り込み、総勢5名で沢渡を目指す。
 薮原から19号に分かれて上高地線に入ると雪交じりの雨が降りだす。境峠付近では吹雪で、道も真っ白だ。奈川におりても雪は止まず、沢渡でも雪が降っていた。
 荷物を屋根のあるタクシー待合所に降ろし、共同装備を分けパッキングし、ジャンボタクシーに乗り合いで上高地に向かう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春の小秀山 2018.3.31~4.1

山行の様子→春の小秀山
=コースタイム(1日目)=
7:00瑞浪~8:31乙女渓谷P8:50~9:20三の谷登山口9:30~11:40鶏岩眺望~13:25兜岩13:50~15:38小秀山
 先月に引き続き、避難小屋泊宴会山行第2段として小秀山に出かけた。
 春先には珍しく、一週間以上晴天が続いている。年度またぎの土日も降水確率は低く、晴天の山行となる。
 朝7時に瑞浪のKくん宅集合。Kくんは参加しないが、車を置かせてもらい、Stさんの車にTさん、Hさん、Skさん、そして僕が乗り込み、総勢5人で加子母の乙女渓谷に向かう。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神坂神社~富士見台 2018.2.24~25

P2240200山行の様子→神坂神社~富士見台
=コースタイム(1日目)=
8:00瑞浪~9:06神坂神社P9:30~12:13萬岳荘12:50~13:18富士見台13:21~13:49神坂山13:53~14:03萬岳荘
 萬岳荘の避難小屋で暖炉で温まりながら酒宴を開く目的で冬の富士見台山行が計画された。
 今回は、ヘブンスからではなく、古代の東山道を神坂神社から辿る歴史ある道から富士見台を目指す。
 朝8時にKくん宅に集合。メンバーはKくん、Tさん、Uさん、僕の4人。Uさんの車に乗り込み、R19で中津川まで走る。
P2240151 中津川ICから中央道に入り、恵那山トンネルをぬけ、園原ICで下りる。左手にまがり、すぐの所に神坂神社への案内板がある。それに従い、山道を登っていくとやがて神坂神社前の駐車場につく。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金華山 2018.1.28

P1280110山行の様子→金華山
=コースタイム=
7:50瑞浪~9:32岐阜公園P9:38~9:52七曲り登山口~10:45金華山・岐阜城12:00~12:05岐阜公園12:35~12:42岐阜公園P12:45~18:45瑞浪
 久しぶりに息子と2人で登山に出かける。目的地は、岐阜の金華山。岐阜県に住んでいるが岐阜市にはほとんど縁がなく、金華山にも登ったことがないので息子と一緒に初挑戦。
 登山道はいくつもあるようだが、今回は、一番オーソドックスな家族向きコースという紹介があった七曲り登山道を登り、帰りはロープウェイを利用するという計画で出かける。
 朝8時前に家を出発し、途中のコンビニで昼食を調達。カーナビに導P1280002かれるままに走り、1時間半ほどで岐阜公園の駐車場につく。運良くまだ駐車スペースは空いており、車を止めて身支度をして歩き出す。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018冬山合宿 鳳凰三山 2018.1.6~8

山行の様子→2018冬山合宿 鳳凰三山
=コースタイム(1日目)=
4:00瑞浪~7:35夜叉神峠登山口P8:10~9:20夜叉神峠9:35~11:00杖立峠11:15~13:00苺平13:15~13:45南御室小屋
 2018年の冬山合宿は、久しぶりに南アルプス・鳳凰三山に決定。天気予報では、初日・二日目は冬晴れの良い天気だが、三日目には崩れるとのことなので、二日目の登頂日は良い天気になりそうだ。
 まだ星が瞬いている3時半にKさんに向かえに来てもらい家を出発し、4時に市役所で、Tさん、Uさん、Siさん、Stさんに合流、総勢6名で夜叉神峠に向かう。
P1060154 駒ヶ岳SAで朝食をとり、順調に北上、韮崎ICをおり、すぐ先のローソンで行動食を調達する。Siさんが財布を置き忘れたが、危うく気付き難を逃れる。
 その後、南アルプス街道を辿り、芦安を通り7時半すぎに夜叉神峠登山口につく。路面にはほとんど積雪がなく、山も積雪が少ないようなので、ワカンやスノーシューは車に置いていくことにする。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大日ヶ岳雪上訓練 2017.12.17

=コースタイム=
7:10土岐~9:37高鷲スノーパーク10:28~11:40大日ヶ岳12:55~13:23高鷲スノーパーク13:55~16:00土岐
 冬山合宿に向けて、奥美濃の大日ヶ岳で雪上訓練を行った。
 久しぶりの雪山。天気予報では美濃地方は晴れだが、奥美濃は雪のようだ。
 今回の参加者は4名の予定だったが、Kくんが風邪のため欠席ということで、Iさん、Hさん、僕の3名となる。
 冬晴れの土岐を出発。途中Hさんを拾って、土岐南多治見ICから東海環状道を西に向かう。美濃JCTから東海北陸道に入ると、美並ICから北は雪の表示が出ている。
 トンネルをいくつか過ぎ、美並に近づくと、にわかに白いぶつかるようになる。そして、北上するにつれて粒が大きくなり、白鳥あたりでは路肩にかなりの積雪となる。
Pc170002_2 高鷲ICで下におりると、料金所を出てすぐに、渋滞ができている。どうやら原因はノーマルタイヤの車がアイスバーンで止まれず、追突事故を起こしたらしい。何とかやり過ごし一息つき、しばらく行くとまた渋滞だ。何とまたノーマルタイヤの車が追突事故を起こしている。12月だからといって奥美濃をなめては困る!雪のありそうなところに行くときはそれなりの足回りで来て欲しい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士見台 2017.11.12

山行の様子→富士見台
=コースタイム=
8:40瑞浪~10:14萬岳荘10:30~11:43富士見台12:37~13:21萬岳荘13:28~17:00瑞浪
 8月のトムラウシ山以来、3ヶ月ほど山に行けず、かなり体力が落ちたと思われる(笑)。
そろそろ動かなければと、リハビリ山行として、家族で富士見台に出かけた。
 朝からぬけるような青空が広がる絶好の登山日和だ。朝食をゆっくり食べ、慌ただしくしたくして、家族4人で富士見台へ向かう。
 3歳の娘は、自分の足で初めて山に登ると張り切っている。
 途中のコンビニでお茶などを調達し、R19を北上。落合の交差点を右折し、落合川に沿って走り、クアリゾート湯舟沢をすぎ右手の橋を渡ると、霧原への登り道となる。
 くねくねしPb120019た山道を登っていくと道は細くなってくる。強清水をすぎ、九十九折りを繰り返し高度をあげると10時すぎに神坂峠につく。
 ここから少し車で進み、萬岳荘手前の駐車場に車を止める。気温は2℃ほどだが、日差しがあるのでそれほど寒くない。それでも、子供たちはしっかり着込み、まずは萬岳荘までウォームアップ。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムラウシ山 2017.8.9

山行の様子→トムラウシ山
=コースタイム=
2:45トムラウシ温泉~3:17短縮登山道登山口3:30~4:33カムイ天上~5:47コマドリ沢分岐5:57~6:44前トム平6:50~8:34トムラウシ山8:50~10:03前トム平10:10~10:40コマドリ沢分岐~11:48カムイ天上~12:30短縮登山道登山口12:40~13:07トムラウシ温泉
 毎年恒例、夏の北海道旅行、今年は帯広~富良野~旭山~層雲峡~小樽の7日間の旅となる。
 初日、新P8080065千歳空港から帯広まで行き、六花亭でおやつを食べた後、家族と分かれてトムラウシ温泉に向かう。
 カーナビに導かれ、東行し、やがて十勝川に沿って山の奥に向かう。温泉まであと5kmのあたりからダートとなり土煙を上げながら山道を行くと、トムラウシ温泉の国民宿舎東大雪荘につく。
 さっそくチェックインし、部屋に荷物を置き温泉に入る。なめらかな良いお湯で体がよくほぐれ気持ちいい。その後、夕食をとり早朝の出発に備えて早めに床につく。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乗鞍岳 2017.7.31


山行の様子→乗鞍岳
=コースタイム=
3:00瑞浪~5:50朴の木平6:55~7:38畳平7:45~8:36肩の小屋~10:10乗鞍岳10:40~11:43肩の小屋11:55~12:30畳平12:56~13:40朴の木平14:10~17:25瑞浪
 昨年、計画するも天気が悪く年越しとなっていた息子と行く3000m峰・乗鞍岳。今年も天候不順で実施が危ぶまれたが、何とか晴れる予報が出たので計画実行となる。
 まだ暗い3時前に起床。前日から車に要した布団に息子を寝せて朴の木平に向けて出発する。
P7310005 天気予報では、乗鞍岳付近は6時から15時まで「晴れ」ということで出発するが、加子母あたりから雨が降りだし、下呂をぬけるまで霧雨が続く。
 久々野あたりから雨も上がり、進行方向に青空も見えだしホッとする。順調に朴の木平につき、1時間ほど時間があったのでゆっくり用意をする。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白木峰 2017.7.29

P7290040山行の様子→白木峰
=コースタイム=
5:00多治見~8:28ゲート8:38~8:56万波登山口~9:32小白木峰9:47~11:10白木峰11:1512:32小白木峰12:37~13:01万波登山口~13:13ゲート13:32~17:26多治見
 山頂に広がるお花畑と北アルプスの展望を目的に白木峰に登る。
 5時に多治見集合で、Kくんに迎えに来てもらい、西友でUさんと合流する。可児御嵩ICから東海環状道にのり、東海北陸道で飛騨清見まで走る。
 高速をおり、国道を宮川町に向かい入っていく、やがて小さな交差点から細い林道に入り、グングン登り万波高原に入る。集落がなくなり50年以上が経過し、牧草地のような草原が広20376019_200424940490038_5352223860がる。
 ふと見ると草原の中に大きな黒い物体が見える。車を止めてよく見ると、大きなイノシシがこっちをにらんでいた。あわてて写真を撮り先に進むと三叉路に到着、右折して林道に入りやがてゲートの前につく。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«槍ヶ岳 2017.7.22~3